A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 2011年02月

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米ハーストがラガルデールの雑誌買収で合意

昨年12月7日と今年1月6日のエントリーで書いた、仏ラガルデールの海外雑誌ビジネス売却劇だが、米出版社ハーストが、15カ国102の雑誌のすべての権利と『エル』(ELLE)の出版権を6億5100万ユーロ(8億9200万ドル=約730億円)で買い取ることで合意に達したと、アドバタイジング・エイジ(Advertising Age)が報じている。『エル』だけは、ラガルデールはすべてを手放すことはせず、ハーストは『エル』の出版によりもたらされる売上に応じたロイヤリティをラガルデールに支払う。対象となる15カ国・地域とは、米国(Hachette Filipacchi Media)、日本(アシェット婦人画報社)のほか、英国、イタリア、スペイン、ロシア、ウクライナ、中国、香港、オランダ、チェコ、メキシコ、台湾、カナダおよびドイツ。

これらの雑誌の昨年の売り上げ合計は7億7400万ユーロ(869億円)、金利税引き前利益(EBIT)合計は4960万ユーロ(5億5700万円)だった。この業績だとEBITマージン(売上高利益率)は6.4%で収益性が高いとは言えない(10~15%が健全な水準とされる)。また、ハーストによる買収額はEBITの13.1倍で、安い買い物とは言えない(9~11倍が相場とされる)。しかし、アドバタイジング・エイジは、「ハーストは大幅なコスト節減=EBITマージンの改善が可能と考えているはず」との投資銀行担当者の見方を伝えている。ハーストは、今年第3四半期(7~9月期)までに取引を完結させる見通しだという。

上記以外の国はどうなるのか、『エル』の編集にラガルデールは口を出さないのか等、詳細は公表されていない。

ハースト(Hearst Corporation)はニューヨークに本社を置き、全米で15の日刊紙、49の週刊紙を発行しているほか、全世界で200近い雑誌を出版し、テレビ放送局、ケーブル局も所有するメディア・コングロマリットである。米国では、マリ・クレール(marie claire)、ハーパース・バザー(Harper’s Bazaar)など、『エル』と直接競合する雑誌を出版している。

Hearst Leaps to New Level With Deal for Lagardère Magazine Portfolio (Advertising Age)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。