A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 2012年02月

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌なのか、カタログなのか

ハースト・マガジン(Hearst Magazines)は、Amazonのタブレット端末「キンドル・ファイア」(Kindle Fire)用に発行する雑誌の編集ページからAmazonのウエブサイトにリンクを張り、掲載商品を購入できるようにする。読者が商品を購入するとハーストは売上に応じた報酬を得ることできるようだが、その割合は非公表となっている。

同社はウエブサイト上ではすでに、同様の試みを行っている。例えば、インテリア雑誌『グッド・ハウスキーピング』のウエブサイト、Goodhousekeeping.comでは、製品レビューのページに掲載された品物をAmazonで購入できるようにしている。

しかし、このニュースを紹介する記事の冒頭で、Adweekは「雑誌なのか、カタログなのか」と疑問を呈している。広告主の製品を記事上で紹介し、さらにそれが即座に購入できるとなると、記事がヤラセ(何らかの報酬が伴っている)ではないかと、読者に疑われる危険性があるというのだ。

米国の雑誌では、編集と広告の間に一線を画すために、日本よりも厳しいルールが適用されてきた。例えば、アドバトリアル(Advertorial: 記事形式の広告)のページには、広告である旨を明示しなくてはならず、編集ページと同じレイアウトや活字は採用できないことになっている。日本でいうタイアップのようなページは存在しない。

一方で、誌面で紹介されている製品を1クリックで購入できると便利だと考えている読者がいることも確かなようだ。フォレスター・リサーチ社(Forrester Research)の調べによると、タブレット端末の所有者のうち60%は、端末をオンライン・ショッピングに使ったことがある。また、GfK MRIの調べによると、タブレット端末所有者の70%は、デジタル・マガジンに掲載されている広告をクリックするだけで買い物ができると良いと思っているとのこと。

ハースト・マガジンズのゼネラル・マネジャー、ジョン・ラフリン氏(John Laughlin)はAdweekの取材に対して、購入対象製品は編集部が独自に紹介する製品を選んだ後に追加するから編集への介入にはならない、と答えているが、実際にはそう簡単ではないだろう。

多くの雑誌が販売と広告の低迷に苦しむ中、出版社は新たな収入源を開拓する必要に迫られている。通販事業は確かに雑誌の資源を活かしやすい。しかし、そこに足を踏み入れれば、今度は通販事業者との競争にさらされることになる。そのときに「カタログ」との違いを保ち続けることができるだろうか。

◆情報ソース
Hearst to Link Digital Editions With Amazon (Adweek)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。