A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 アトランティック誌が新サイトを開設

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトランティック誌が新サイトを開設

150年の歴史を誇るオピニオン誌『アトランティック(Atlantic)』が3日、新しいウエブサイト『ザ・カレント(The Current)』を開設した。

『アトランティック』は5000~10000ワードの長文のエッセイで知られているが、『The Current』は250~300ワードの短い記事で構成される。同誌の人気記者、ブロガー、その他の編集スタッフがショート・エッセイを発表し、様々な話題を取り上げる場になるという。(サイトを覗くと、”IN THE MAGAZINE”というセクションには、本誌に掲載された長文の記事もアーカイブされている。)

同誌は今年1月、旧ウエブサイト(The Atlantic.com)の記事の閲読を無料化したばかりで、その結果、同誌の発表によると、トラフィックが15%増え月間ユニークビジター数は230万になったという。

新サイトの最初のスポンサーはクレディスイス。新サイトによる売上の目標は明らかにされていない。

◆情報ソース
The Atlantic Launches New Web Brand (FOLIO)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/12-7de85d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。