A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 『アドバタイジング・エイジ』が選ぶ年間最優秀雑誌にWomen’s Health

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アドバタイジング・エイジ』が選ぶ年間最優秀雑誌にWomen’s Health

米メディア・広告業界誌『アドバタイジング・エイジ』(Advertising Age)恒例のMagazines A-Listが発表された。同誌は毎年、”A-List”と題して、その年にもっともすぐれたパフォーマンスを見せた雑誌10誌を選び10月に発表している。これまでは、広告集稿ページ数や実売部数などの数値を主な根拠として選んでいたが、今年から雑誌本体とその雑誌ブランドを活かしたビジネスでどれだけ成功したかに選考基準を変更した。例えば、雑誌ブランドによるライセンス・ビジネス、ウエブ展開、クロス・メディア・コンテンツや広告プラットフォームの構築などによりどれだけの収益をあげているかも基準となる。この新しい選考基準で “A-List”の第1位、マガジン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのはロデール社(Rodale Inc.)発行の女性向け健康雑誌『ウーマンズ・ヘルス』(Women’s Health)だった。

Women's Health Oct 09 issue

選出理由はひとことで言うと、雑誌販売とブランド・エクステンション(雑誌ブランドを活かした多事業展開)により売り上げの拡大に成功したからだ。

『ウーマンズ・ヘルス』の予約購読実売部数は、今年上半期平均で昨年同期比38.4%増となる108万部(公共の場への無料配布分は除いた数値)に達した。ニューススタンド・セールス(店頭実売部数)も、多くの雑誌が不振に苦しむ中(今年上半期の全雑誌平均は12.4%減だった)、8.7%伸ばして333,463部に達した。

販売の好調に後押しされて、広告営業面でも『ウーマンズ・ヘルス』は、これまで出版元のロデール社にとって疎遠だった化粧品やファッション・ブランドの広告をもたらしている。同誌の今年1~10月の広告集稿ページ数は昨年同期比でマイナス14.4%だったが、月刊誌全体の平均(22%減)と比べれば健闘している方だろう。

雑誌以外のプラットフォームも確実に売り上げをもたらしている。同誌のホームページは無料で閲覧できるが、そのリンク先にある2つの姉妹サイト、Fit CoachAbs Dietはいずれも会費制でダイエット・プログラムを提供している。同誌はまた、毎年 “Are You Game?”と題するイベントを開催している。“Are You Game?”とは「~する元気がある?」という意味で、その名のとおりこのイベントでは、ワークアウト、ダンス、コンディショニング、サーフィンなどのレッスンや体験コーナー、体力測定、関連のファッションイベントなどが催される。今年は7月にニューヨークとシカゴで9社が協賛して開催され、延べおよそ6万人の参加者を集めた。書籍も同誌の名を冠して今年下半期に2冊を刊行し、今後も毎年6~10冊を発行していく計画とのこと。

『ウーマンズ・ヘルス』からは、男性向け健康雑誌『メンズ・ヘルス』(Men’s Health)もスピンアウトした。この2誌は共同でインタビューを行うなど、うまく資源を共有している。アップルのiPhone向けアプリの開発もそのひとつだ。『ウーマンズ・ヘルス』は今年8月、有料アプリ “Women’s Health Workouts”の販売を開始。先月には痩身関連のショッピング情報を提供する無料アプリ “Your Slim-Down Shopping List”の配信を始めた。(『メンズ・ヘルス』のiPhoneアプリに関する記事はこちら。)

“A-List”に選ばれた他の雑誌は2位から順に、『Better Homes and Gardens』(Meredith Corporation)、『Family Circle』(Meredith Corporation)、『The Economist』(The Economist Newspaper Ltd.)、『People』(Time Inc.)、『Essence』(Essence Communications)、『The Week』(The Week Publications)、『Backpacker』(Cruz Bay Publishing)、『Cosmopolitan』(Hearst Communications)、『National Geographic』(National Geographic Society)の9誌。『The Economist』は昨年のマガジン・オブ・ザ・イヤー、『National Geographic』は2年連続の選出となった。また、2位の『Better Homes and Gardens』と3位の『Family Circle』を発行するメレディスは、パブリッシング・カンパニー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀出版社)に選ばれた。この件についてはまた別の機会に。

◆情報ソース
THE A-LIST MAGAZINES (Advertising Age)
Women's Health Is Ad Age's Magazine of the Year (Advertising Age)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/152-b059842c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。