A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 ニューズ・コーポレーションが電子出版のSkiffを買収、ジャーナリズム・オンラインも傘下に

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューズ・コーポレーションが電子出版のSkiffを買収、ジャーナリズム・オンラインも傘下に

ルパート・マードック率いるニューズ・コーポレーションが、電子出版プラットフォームを開発するSkiffを買収したと発表した。同社はまた、オンライン出版向けの課金システムを提供するジャーナリズム・オンライン(Journalism Online)に大掛かりな投資を行ったとも発表した。

この発表では、両者がニューズ社の戦略上、どのように位置づけられるのかは明らかにされていない。同社はすでに、ウォール・ストリート・ジャーナル・オンライン(The Wall Street Journal Online)をはじめ、ロンドン・タイムズ(London Times)とサンデイ・タイムズ(Sunday Times)でも課金システムを採用している。しかし、ルパート・マードックはかねてより、他の新聞社もウエブ上のコンテンツの有料化を行うべきだと主張している。多くの企業が利用するジャーナリズム・オンラインを傘下にすることにより、ニューズ社は有料化パートナーを効率よく拡大することができるばかりか、課金制度導入を検討する企業を対象としたビジネスにも着手できると、『アドバタイジング・エイジ』(Advertising Age)は分析している。また、Skiffの買収は言うまでもなく、ニューズ社にとってウエブ上ばかりでなく、電子端末向けのコンテンツ販売の道を切り開くことになる。

Skiffは出版社のハースト(Hearst Corporation)の傘下企業で、ハーストはSkiffの技術を用いて今年、様々なデバイス向けに新聞や雑誌のコンテンツを提供するオンラインストアを開設する計画だった。Skiffは今年初めに、専用の電子書籍リーダー「Skiff Reader」を発表したばかりだが、ニューズ・コーポレーションは、「Skiff Reader」を買収の対象から除外した。ハーストが独力で「Skiff Reader」の発売に踏み切るのか、ニューズ社以外の買い手を探すのか、あるいは発売をご破算にするのかは明らかにされていない。

◆情報ソース
News Corp. Acquires Skiff (Mediaweek)
News Corp. Buys Skiff, Stake in Journalism Online (Advertising Age)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/163-3c866a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。