A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 マスメディアの信頼度は史上最低レベル―米ギャラップ調査

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスメディアの信頼度は史上最低レベル―米ギャラップ調査

あなたは全般的に新聞、テレビ、ラジオなどのマスメディアを、ニュースを十分、正確、かつ公正に伝えているかという観点で、どの程度信頼していますか。非常に信頼している、かなり信頼している、あまり信頼していない、まったく信頼していない、の4段階でお答えください。

米大手世論調査企業ギャラップ(Gallup)が、毎年恒例となっている調査の結果を発表した。上記の設問では、マスメディアを信頼していない(あまり/まったく信頼していない)と回答した人の率が57%と、この調査が開始された1972年以来もっとも多かった。逆に信頼している(非常に/かなり信頼している)と回答した人の割合は、同調査史上最低のレベルだった。回答ごとの内訳をみると、「とても信頼している」人の割合は、1997年以降、ほぼ1割前後で推移しており、「かなり信頼している」人の割合が減少傾向にある。一方、「あまり信頼していない」人の割合は1998年以降、ほぼ35%前後で推移しているが、「まったく信頼していない」人の割合はここ5年ほど増加傾向にあり、2割を突破したのは、2008年に続いて2度目だ。マスメディアを信頼している人の割合は、1976年の調査でピーク(72%)に達した後、減少傾向が続いている。ギャラップ社によると、低所得、低学歴の層ほどマスメディアを信頼する傾向があるとのこと。

この調査は今年9月13~16日、米大陸に居住する18歳以上の男女を対象に、RDD(Random Digital Dialing)方式により行われた。サンプル数は1,019だった。対象者の支持政党、政府の立法、司法、行政に対する信頼度、ニュース・メディアは全般的にリベラル/保守的だと思うかといったことも調査されている。ギャラップ社は同調査を1972年に開始し、90年代までは不定期に、2001年からは毎年実施している。

同様の調査を日本で実施したらどんな結果になるだろうか。新聞社やテレビ局は、お得意の世論調査で自媒体の信頼度を調べてみたらどうか。

◆情報ソース
ギャラップ社ウエブサイト
- Distrust in U.S. Media Edges Up to Record High
- Media Use and Evaluation
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/167-26074a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。