A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 大手新聞社の新ビジネスへの取り組み

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手新聞社の新ビジネスへの取り組み

『ニューヨーク・タイムズ』紙が映画マニアのための会員組織、The New York Times Film Clubを立ち上げた。100ドルの年会費を払って入会すると、デジタル・リマスターされた名作映画の劇場上映に2回、招待され、上映後は同紙のジャーナリストや映画関係者とのおしゃべりを楽しむこともできる。新作映画の試写会にも年6回、招待してもらえる。

この会員組織は広告メニューのひとつとしても活用される。『ニューヨーク・タイムズ』は本紙およびNYTimes.comでの広告とパッケージにして、上記の上映会でのプロモーション機会を販売していく。

同紙と『ウォール・ストリート・ジャーナル』はこのところ、次々と新しいビジネスをスタートさせている。両紙は一昨年から昨年にかけて、それぞれワイン・クラブをスタートさせた(The New York Times Wine ClubはGlobal Wine Company, Inc.に、WSJwineはLaithwaite's Wine Merchantに運営を委託)。旅行業界にも進出している。『ニューヨーク・タイムズ』は年に一度、旅行会社と旅行客の両方を対象にしたトレードショーを開催している。『ウォール・ストリート・ジャーナル』は今年1月、旅行ガイド・予約のサイト、WSJTravelをスタートさせた。

『ウォール・ストリート・ジャーナル』の発行元ニューズ社(News Corp.)は教育事業への進出も目論んでいる。同社は今月初め、元ニューヨーク市教育監のジョエル・クライン(Joel Klein)氏を雇い入れ、教育事業開発担当の役員に任命した。そして今週、教師のための支援システムを提供する企業、ワイヤレス・ジェネレーション(Wireless Generation)を、3億6千万ドルを投じて買収すると発表した。

会員組織の展開は、媒体力とブランド力をいかした読者の囲い込み、読者一人あたりの売上拡大を狙ったものか。さらにはニューズ社のように、事業の多角化を進める媒体社も、これから増えていくだろう。

◆情報ソース
Reel Time: NYTimes Launches Film Club (MediaPost)
News Corp. to Buy Education Technology Firm for $360 Million (The Hollywood Reporter)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/168-a9ea5ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。