A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 『GQ』が男性向けEコマースサイトと提携

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GQ』が男性向けEコマースサイトと提携

米男性ファッション誌『GQ』は、ギルト・グループ(Gilt Groupe Inc.)が設立する男性向けECサイト「PARK & BOND」との提携を発表した。今夏、『GQ』のウエブサイト内に「PARK & BOND」のブティックを開設し、同誌に掲載された商品の中から編集者が選んだものを販売する。

ギルト・グループは招待性ファミリーセールサイトを運営する企業だが、「PARK & BOND」では基本的に定価で商品を販売するという。GQ内のブティックではAlexander McQueen、ETRO、Paul Smithなど80以上のメンズブランドを取り扱い、代金決済や商品発送は「PARK & BOND」が担当する。

これより早く、昨年11月には、大手百貨店チェーンのJCペニー(J.C. Penney)がハースト・マガジン(Hearst Magazine)と提携し、2つのEコマースサイト「CLAD」と「Gifting Grace」を立ち上げると発表した。この提携では、例えばハーストの男性誌『エスクワイア』(Esquire)の編集者が「CLAD」で販売する商品のキュレーターをつとめ、同誌のサイトともリンクするという。

販売・広告ビジネスで苦戦する雑誌の、マルチプラットフォーム化や異業種とのクロスプラットフォーム展開が進んでいる。

◆情報ソース
GQ GOES E-TAIL (WWD)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/175-190572bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。