A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 Facebookファンページの憂鬱

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookファンページの憂鬱

米国の有力ブログ「マッシャブル」(Mashable )の7月6日付エントリーによると、ファッションブランドのヴェルサーチが、公式Facebookページへのファンユーザーの投稿機能を停止させた。

きっかけは先月、衣類製造労働者の環境改善を訴えるNGO「クリーン・クローズ・キャンペーン」(Clean Clothes Campaign)が社会運動プラットフォームであるChange.org.を通じて、ヴェルサーチのジーンズに施されているサンドブラスト加工(使い古し感を出すための加工)が製造現場の労働者の健康を害するものだとして不買を呼びかけたからだ。以来、ヴェルサーチのウォールには反サンドブラスト加工を訴える投稿が殺到した。ヴェルサーチはこれらの投稿を削除し、自社による投稿へのコメント以外は書き込めなくしてしまった。

Change.org.によると、サンドブラスト加工は高圧で砂を吹き付けるため大量のシリカの粉塵を発生させ、それを吸引した現場労働者が肺疾患で死亡する事故がトルコやバングラデシュで起きているのだという。リーバイス、H&M、グッチなどのブランドはすでに、同じ加工を施したデニム製品の販売を停止している。ヴェルサーチの広報責任者はMashableの取材に対して、同ブランドのジーンズはイタリア国内で、同国の安全基準に基づいて作られていると説明している。

このような事例は過去にもあった。例えば昨年、動物の権利擁護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」(The People for the Ethical Treatment of Animals: PETA)は、DKNYのFacebook公式ページ上で、過激な反毛皮キャンペーンを展開した。(それだけにとどまらず、PETAはDKNYのオフィス、イベント会場、同ブランドを取り扱う小売店の外でデモンストレーションを行った。)それでもDNKYは投稿に制限を加えず、「最新情報」のタブに表示するようにしている。

企業は自社のFacebookページをどこまで開かれた場にすべきなのか。これは特にイメージを重視するトップブランドにとって頭の痛い問題だ。一方的な情報発信に使うだけならSNSを使う意味がないが、自由な投稿を認めると上記のように「荒れる」可能性がある。

米シンクタンク「L2」は今年6月、高級ブランドがどの程度Facebookを有効活用しているかを評価し「Facebook IQ」として発表したが、その中でバーバリー、シャネル、グッチの3ブランドは多くのファンを獲得しているにもかかわらず、評価基準のひとつである”Engagement”(ファンとのやりとり・双方向性)の評価が100ブランド中、順に94位、88位、87位と最低レベルであったため、総合順位も順に49位、53位、59位と振るわなかった。

そもそも、「L2」がFacebookに着目したのは、その活用度合が各ブランドの株主の増減と密接に関連しているからだというから、この評価は対象となっているブランドにとって無視できるものではないだろう。

ちなみに、”Engagement”以外の評価基準は、”Size & Velocity”(獲得した「いいね」の数、成長率、世界的規模など)、”Programming”(コンテンツのクリエイティビティ、個性、アプリケーションの活用、Eコマースとの統合など)、”Integration”(他のデジタル・プラットフォームとの連動、SEOなど)となっている。PDFのレポートはここから入手できる。

◆情報ソース
Should Brands Let Fans Post on Their Walls? (Mashable)
Anti-Fur Protesters Take Over DKNY’s Facebook Page (Mashable)
Burberry’s web-wizardry a disappearing spell? (Financial Times Blog)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/177-bfe37fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。