A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 『コスモポリタン』誌デジタル版の定期購読者数が10万人を突破

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コスモポリタン』誌デジタル版の定期購読者数が10万人を突破

米ハースト・マガジン(Hearst Magazine)発行の月刊女性誌『コスモポリタン』(Cosmopolitan)の有料予約購読者数が10万人に到達したと、『アドバタイジング・エイジ』(Advertising Age)が伝えている。

Cosmopolitan cover

同誌は2005年に、デジタル書店のZinioでデジタル版の販売を開始したが、部数(とデジタル版でもいうのだろうか?)が急伸したのはiPad、Nook、Kindle Fireなどのタブレット端末が市場に出回り始めてからだ。

ハーストは、デジタル版の販売戦略で他社と一線を画している。コンデナスト(Condé Nast)の『ワイアード』(Wired)やタイム(Time Inc.)の『ピープル』(People)の場合、プリント版の定期購読者はデジタル版を無料で読むことができる。タイムの雑誌はiPad版だけを購読することすらできない。一方、ハーストはプリント版とデジタル版の販売を切り離しており、一方を他方の特典とするようなことはしていない。それどころか、『コスモポリタン』の年間購読料は、プリント版が15ドル(1ドル=82円として1,230円!)であるのに対し、デジタル版はiPadとZinioが19.99ドル(約1,640円)と、こちらの方が高い。

とはいっても、単号の価格はデジタル版が1.99ドル、プリント版(店頭価格)が3.99ドルで、『コスモポリタン』は米国の雑誌には珍しく店頭販売部数の比率が高く、総販売部数(300万部)のほぼ半分を占めているから、販売収入に占める割合はプリント版の方が格段に大きい。

それでも、デジタル版の年間購読者が10万に達したというのは、大きな節目だろう。同誌の編集部では、先に紹介した『アトランティック』と同様、プリント版とデジタル版のスタッフの融合が急ピッチで進んでいるそうだ。

◆情報ソース
Cosmopolitan Says It Has 100,000 Paid Digital Subscriptions (Advertising Age)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/182-e669312a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。