A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 雑誌社のニュースあれこれ

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌社のニュースあれこれ

Condé Nast

米コンデナスト(Condé Nast)が広告主のために、アイトラッキング(視線追跡)技術を用いた広告効果測定を始めるらしい。MediaAnalyzer社の技術を使い、雑誌やPCのモニターを見る人の目の動きを追跡し、同時に質問票を用いてインプレッションの度合を計測するとのこと。目の動きはモニターに組み込まれたカメラで追跡され、ウエブを通じて送られる。MediaAnalyzer社のヴァイスプレジデント、チャールズ・ボイヤー(Charles Boyar)氏によると、「この調査をもとに、出版社はより見た目の良い説得力のある誌面(およびウエブサイト)を実現し、広告主が効果的な広告を行うためのサポートができる」という。

アイトラッキングはもともと、動画やウエブの調査に用いられてきた。雑誌の誌面や掲載広告の調査に採用するのは、いまのところコンデナストだけで、他の出版社は様子見というところらしい。日本で出版社が同じことをすると、広告会社から怒られそうな気がするが…。

Forbes

ライフスタイル誌『フォーブズ・ライフ(ForbesLife)』から、ニッチ市場に向けて新たな派生メディアが生まれる。誌名は『ForbesLife RockyMontain』。今年7月4日を皮切りに年に20回、発行の予定で、約16のローカル新聞とともに配送される。対象はロッキーマウンテン周辺に住む富裕層や、ベイル(Vail)、テルアライド(Telluride)、アスペン(Aspen)、レイクタホ(Lake Tahoe)などのスキーリゾートを訪れる人たち。地元の著名人、ホームデザイン、スポーツ用品、イベントなどを伝える。

フォーブズ社では『ForbesLife』の派生メディアとして昨年9月、ラグジュアリー層に焦点をあてた『ForbesLife Executive Woman』を刊行した。これは、経済誌『Forbes』を予約購読する女性125,000人を対象としており、年に4回、本誌とともに送り届けられる。

『ForbesLife RockyMontain』も同様に富裕層をターゲットとしている。フォーブズ社はまた、ローカルに焦点をあてたメディアの可能性を探っており、その試金石にもなる。

Hachette Filipacchi

米国ではなく英国のアシェット・フィリパッキのニュース。

アシェット・フィリパッキUKは、エンターテインメント系のニュースサイト『DigitalSpy』を買収した。同社は昨年、デジタル部門を組織し、ElleUK.comとSugarscape.comをスタートさせた。DigitalSpy.co.ukはその傘下に入る。

DigitalSpyは英国で4番目に大きいエンターテインメント系ニュースサイトで、ショービジネス、セレブ、映画、音楽、テレビ番組などの情報を伝える。ニュースサイトのユニークユーザー数は210万、フォーラム参加者数は310万人とのこと。

◆情報ソース・参考
Condé Nast Eyes Eye-Tracking (Folio)
MediaAnalyzerウエブサイト
ForbesLife Now On 'MountainTime' (MediaWeek)
Magazine publisher buys DigitalSpy (Guardian.co.uk)
Digital Spy




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/34-cf1ad560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。