A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 「ビジネス」「車」「音楽」の雑誌が大苦戦

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビジネス」「車」「音楽」の雑誌が大苦戦

米国PIB(Publishers Information Bureau)が、雑誌の今年第1四半期の広告売上げを発表した。それによると、雑誌全体では金額ベースで前年比-1.2%、ページ数にして-6.4%だった(※PIBでは、広告料金表のページ単価をもとに広告売上を計算している)。以下のように「ビジネス」「車」「音楽」のカテゴリーの雑誌が、特に大きな落ち込みを見せた(数値は掲載広告ページ数の昨年同期比)。

ビジネス誌
Business Week -19.4%
Forbes -13.2%
Entrepreneur -7.2%
Fortune -0.9%
Fortune Small Business -18.6%
Money -5.5%
Harvard Business Review -16.9%

自動車雑誌
Automobile -13.5%
Autoweek -20.8%
Motor Trend -13.1%

音楽雑誌
Rolling Stone -32.6%
Blender -19.5%
Vibe -22.1%

ただし、中にはビジネス誌のThe Economist(+5.3%)、自動車雑誌のCar and Driver(+3.5%)、音楽雑誌のSpin(+21.9%)のように広告を増やした雑誌もある。

なお、広告のカテゴリー別で見ると、食品(Food & Food Products)が金額ベースで前年比+29.1%(ページ数で+19.4%)と大きく伸びを見せる一方、自動車(Automotive)は前年比-16.9%(ページ数で-21.3%)と落ち込んだ。

◆情報ソース
Titles Slammed: Business, Auto, and Music Mags Tumble (MediaPost)
Publishers Information Bureau




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/36-f4a0d967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。