A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 ビジネスエリート対象のメディア利用状況調査

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスエリート対象のメディア利用状況調査

米調査会社Ipsos MediaがC-suiteおよび意思決定の立場にあるエグゼクティヴを対象に昨年実施したメディア利用状況調査の結果が、一部公開された。C-suiteとは、CEO(chief executive officer)、COO(chief operating officer)、CFO(chief financial officer)などのチーフ・オフィサー、つまり企業あるいは主要部門の最高責任者を指す言葉。

この調査はIpsos Mediaが毎年行っているもので、原則として従業員が250人以上の企業の重役が対象。(250人未満の企業の場合、年間売上が4,000万ドル以上となる見込みであることが資格要件となる。)昨年の調査は、サンプル数が2,390。回答者の87%は男性で、平均個人年収は40万ドル以上、不動産を除く資産総額は170万ドル以上とのこと。その結果を抜粋する。

Ipsos Mediaの分析によると、過去2年間に、プリント・メディアのウエブサイトを利用するビジネス・エグゼクティヴたちは大幅に増えている。しかし、それがテレビなどの他のメディアとの接触時間を減らしているわけではない。
2006年2007年
ウエブサイトは出版物が提供するものの中で重要な要素だ50%73%
ビジネスに関する情報をインターネットで閲読することに、以前よりも多くの時間を費やすようになった65%68%
自分のテレビの視聴状況に、インターネットはほとんど影響していない57%64%


チーフ・オフィサー・クラスのエグゼクティヴに限定すると、ほぼ半数(47%)が、インターネットはビジネス系出版物の読書状況に影響していないと答えている。ということは、半数以上はおそらく、インターネットから得られる情報で事足りることがあるので、以前ほどはビジネス誌・書籍を読まなくなったということだろう。とはいっても、下のグラフに示されているように、彼らがビジネスに関して何かを参考にしたいとき、あてにするメディアの筆頭はビジネス誌で、ほぼ同率でインターネットが並んでいる(青いバー)。一方、ビジネス・ニュースの主要ソースとしては、新聞(全国紙)が筆頭で、次いでインターネット、ケーブルTV、ビジネス誌となっている。
自分のビジネス系出版物の読書状況に、インターネットはほとんど影響していない47%
ビジネスに関する情報をインターネットで閲読することに、以前よりも多くの時間を費やすようになった68%
出版社系のウエブサイトを毎日チェックしている38%

ipsos-media-graph.jpg

その他に興味深いデータとしては、
■Cレベル(チーフ・オフィサー・クラス)のうち、HDTVの所有率は60%、iPodの所有率は40%。
■同じくCレベルのうち、36%はブラックベリー(Blackberry)を、35%は衛星ラジオを利用している。BlackberryとはカナダのIRM社が開発・販売している、通信機能を内蔵した携帯情報端末。衛星ラジオは、国土の広い米国のどこにいても同じ局の放送を聴くことができるデジタル放送サービス。レストランやホテルなどのBGMの、主要プロバイダーにもなっている。
■Cレベルのうち72%が、最新の技術を捕捉することはビジネスの成功に欠かせないと答えている。
■Cレベルのうちブログを読んでいる人は30%。自らブログを書いている人はわずか4%。


Ipsos Mediaでは、調査対象者を割り出すために以下のステップを踏んでいるという。
■大手信用調査会社ダン&ブラッドストリート(Dun&Bradstreet)のリストから、サンプルを抽出。
■各企業に電話をかけ、回答を依頼する上級管理職の人々を特定。
■特定した上級管理職に調査への協力を依頼し、郵送調査かオンライン調査かを選んでもらう。
■回収した回答にウエイト付けを行い、全米の母集団の構成比を割り出す。

不思議なのは、多忙で裕福なエグゼクティヴたちが、なぜ調査に協力するかだ。日本でもお金持ちを対象とした調査は、よほどのメリットがないと答えてくれないから苦労する。忙しさを極めるトップ・エグゼクティヴならなおさらだ。よほど社会的に意義のある調査なのか、対象者リストに入ることがステータスなのか。あるいは、回答者には調査結果の分析データが無料(または格安で)提供されるとか―それはないだろう。
ご存知の方がいたら教えていただきたい。

◆情報ソース
US Business Elite Embracing Online Media (Marketing Charts)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/41-46baf596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。