A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 ワシントン・ポスト社がオンライン出版部門を組織

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントン・ポスト社がオンライン出版部門を組織

ワシントン・ポスト社(The Washington Post Company)は、オンライン・マガジンの草分けのひとつ『スレート(Slate)』を中心に、オンライン出版ビジネスに特化した部門「スレート・グループ(The Slate Group)」を開設する。同部門は『スレート』の他に、同サイトから派生したオンライン・ビデオ・マガジンの『Slate V』、黒人読者をターゲットとする『ルーツ(The Root)』を管理し、今年後半には、ビジネスに焦点をあてた『ビッグ・マネー(The Big Money)』をスタートさせる予定。同部門はこのほかにも、新サイトの開設や他サイトの買収を手がけていくという。

『スレート』は1996年、マイクロソフトの事業としてスタートした。初代編集責任者には、雑誌『ニュー・リパブリック(The New Republic)』の編集者兼政治ジャーナリストであり、CNNの人気番組「クロスファイア(Crossfire)」のレギュラーコメンテーターとして知られていたマイケル・キンズリー(Michael Kinsley)が起用された。1998年には有料化し19.95ドルの年間購読料を読者に課金したが、購読者数が伸び悩んだため、1年とたたないうちに再び無料化し広告モデルに切り替えた。その後、2004年12月に買収により、ワシントン・ポストの傘下に入った。『スレート』の読者総数は、同サイトの媒体資料によると、現在600万人とのこと。

◆情報ソース
Washington Post Forms New Online Publishing Unit (CBS News)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/46-102f20f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デジタルカタログのデジパンでオンライン出版?

みなさんこんにちは。 今回のスタッフコラムではオンライン出版の現状についてご紹介します。 お気づきの方も多いと思いますが、デジパンのデジタルカタログは、本をめくるという動作を再現したインターフェースなので、オンライン出版とも相性がとてもいいサービスです。...

  • 2009/11/11(水) 06:35:16 |
  • デジタルカタログ制作のデジパン

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。