A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 大統領選情報ではデジタル・メディアに軍配?

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領選情報ではデジタル・メディアに軍配?

米独立系大手PRエージェンシーのWaggener Edstrom Worldwideが実施した調査によると、18~35歳のいわゆるジェネレーションXとミレニアルズと呼ばれる世代は、今年の大統領選挙に関する情報の入手先として、64%がデジタル・メディアを選んでいる。また、圧倒的多数の76%が、選挙に関する情報源としては、旧来型メディアよりもデジタル・メディアの方がアクセスと情報共有が容易であるため好ましいと回答した。彼らは、旧来型のニュースソースは情報を操作し、ニュースを「作る」から好ましくないと感じている。

この調査の標本数は800で、400は電話、400はオンラインで回答を得た。調査期間は6月9~12日。Waggener Edstrom Worldwideは回答者の67%が26~35歳のジェネレーションXで、残りは18~21歳のミレニアルズ世代だと説明している。(この2つの世代の定義はまちまちで、ベビーブーム後のジェネレーションXにもっと幅広い年齢層を含める人もいるし、ミレニアルズを2000年代に成人した(する)世代とするなら、いま18~27歳ということになる。)

6月20日のエントリーで、旧来型メディアに掲載された広告の方が印象が良いとのヤンケロビッチの調査結果を紹介した。上の調査は大統領選挙のニュースソースに関するものであるから比較にならないしヤンケロビッチの調査と矛盾しないが、ミレニアルズ以降の世代は広告の受け止め方も違うのではないかという気がしている。彼らは物心ついたころからテレビゲームやコンピュータに慣れ親しんできており、その結果、デジタルの世界に対するファミリアリティが高く、マルチタスキング(テレビを見ながら携帯メールで友人と感想を述べ合うなど同時に複数の作業をする)が当たり前になっている。情報を入手する速度も量も、上の世代よりも格段に勝るだろう。ミレニアム以降の世代への取り組みは、旧来型メディアにとって大きな課題になる。

余談になるが、このWaggener Edstrom Worldwideの調査のリリースページには、電話で回答した400名のうち、およそ3分の1は固定電話を持っておらず携帯電話を使ったとの注意書きがなされている。

さらに蛇足ながら、この調査の結果では、37%が民主党、27%が共和党の支持者で、どちらでもない浮遊層が23%だった。また、回答者が見聞きした範囲でキャンペーンにインターネットをうまく使ったのはどちらかを聞いたところ、民主党が56%と共和党(13%)に圧勝した。「もし今日、大統領選挙があったらどちらに投票するか」との質問では、バラク・オバマと答えた人が49%、ジョン・マケインと答えた人は29%だった。

◆情報ソース
The Web Is Where It's At for Youth Vote (Advertising Age)
Waggener Edstrom Worldwide agency news
広告の印象や口コミ効果では旧来型メディアの方が優れている―ヤンケロビッチ調査 (A BUG IN YOUR EAR)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/52-7220a1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。