A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 タイム社が新形態の雑誌予約購読サイトを開設

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイム社が新形態の雑誌予約購読サイトを開設

米タイム社(Time Inc.)が出版社の枠組みを超えた雑誌予約購読サイトMagahound.comを立ち上げ今年9月、サービスを開始する。

利用者は毎月、一定の会費を支払えば雑誌を予約購読できる。複数の雑誌を好きに組み合わせることができ、いつでも購読雑誌を変更することができる。サービス自体をキャンセルするのも自由だ。予約購読、あるいは定期購読という呼び名の当てはまらない新しいサービスだ。現在、280誌の参加が決定しており、これをサービス開始までに300誌、さらに年内に400誌まで増やす意向だという。

肝心の会費は、3誌を購読する場合月々3.95 ドル、5誌で7.95ドル、7誌では9.95ドルで、8誌以上は1誌増えるごとに1ドル追加になる。日本では考えられない、かなりの割安だ。現在、予約購読にディスカウント料金を設定しておらず、年間19ドル以上かかる雑誌は「プレミアム」誌扱いとなり、会費が1誌/月あたり2ドル追加となる。「プレミアム」誌扱いとなるのは、全体の10~15%だという。また、初回利用者は、無料で1ヶ月のお試し期間を利用することができる。

発行部数公査機関のABCおよびBPAは、このサービスで販売される雑誌を当分の間はシングル・コピー・セールス扱いにし、将来は新しい分類を検討するという(部数公査はニュース・スタンドや書店でのシングル・コピー・セールスと予約購読に分けて行われる)。

参加出版社にとっては、購読者のリストをどこが所有するのか気になるところだろうが、リストの所有権はMaghoundが持ち、複数の出版社のダイレクト・メールやEメールをまとめて送るのだそうだ。(運営元のタイム社の競合他社は、このシステムに抵抗がないのだろうか。)

Magahound.comは、準備サイトがすでに立ち上がっている。

◆情報ソース
Time Inc.'s Maghound Set to Debut in September (FOLIO)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/53-9f5983c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。