A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 ISPの行動ターゲティング広告導入が暗礁に

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISPの行動ターゲティング広告導入が暗礁に

6月13日のエントリー「行動ターゲティングをめぐって公聴会」の続報。

公聴会がどうなったかはわからないが、議員や権利擁護団体の批判を受け、280万の加入世帯を擁する全米第4位のケーブル会社Charter Communicationsは、行動ターゲティング技術の大手ベンダーNebuAdとの間で合意していた広告試験運用を見合すと発表した。これに続き、インターネット・サービス・プロバイダーのCenturyTelとEmbarqも、NebuAdとの契約を見合わせるとの意思を明確にした。両社ともNebuAdのプラットフォームを使った試験運用を行ったばかりだった。

NebuAdは、同社の技術で収集される情報は氏名や住所を特定できるものでなく、利用者は行動ターゲティング型広告の配信を拒否することもできるとしているが、プライバシー擁護団体は、インターネット・サービス・プロバイダーは個々のサイト訪問履歴や検索サイトに打ち込んだ言葉まで収集できるため、個人を特定することができる場合もあり得ると主張している。

◆情報ソース
Internet Provider Halts Plan to Track, Sell Users' Surfing Data (Washington Post)
NebuAd Rebuffed By Additional ISPs Due To Privacy Issues (MediaPost)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/54-bc88d780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。