A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 プロダクト・プレースメントに規制の動き

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロダクト・プレースメントに規制の動き

米連邦通信委員会(Federal Communications Commission: FCC)で、消費者保護の観点から映画やドラマなどに商品を登場させる広告手法「プロダクト・プレースメント」に関する規則を見直す動きがある。

TiVoやDVR(デジタル・ビデオ・レコーダー)が普及し、テレビCMをスキップして番組を見る消費者が増える中で、番組の中に広告を「紛れ込ませる」手法が注目を集めてきた。Nielsenによると、11のテレビ・ネットワークで放送されたプライムタイム番組では、今年第1四半期にプロダクト・プレースメントが6%増加し、テレビ放送全体では39%増えたという。また、市場調査会社PQ Mediaによると、いわゆる「ブランデッド・エンターテインメント」に投下された広告費用は、2007年に前年比14.7%増の223億ドルに達し、今年はさらに13.9%の増加が見込まれるとのこと。

この増加傾向にFCCは懸念を表明し、視聴者がプロダクト・プレースメントであることや広告主名を認識できるよう、規制の強化を検討しているとのこと。また、現在のFCCのルールではケーブル放送は対象になっていないため、規制の対象を広げることも検討されている。

米脚本家組合(Writers Guild of America: WGA)もFCCに対し、放送事業者は番組内に組み込まれた製品を明示し自分が見ているものが広告であることを視聴者がわかるようにすべきだと訴え、テレビスクリーンの下部に製品名と広告主名をスーパーで流す方法を提案した。

アドバタイジング・エイジは、こうした規制は番組をぶちこわしにするもので、消費者の保護にはならないと反対する広告主や広告会社の意見も紹介している。

◆情報ソース
Game-Changer: FCC Considers Product Placement Disclosures
(MediaPost)
FCC to Weigh Requiring Disclosures for Product Placement (Advertising Age)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/55-37e45421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。