A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 Amazonが愛書家向けSNSのShelfariを買収

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonが愛書家向けSNSのShelfariを買収

米Amazonが愛書家のためのソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)のShelfariを買収すると、Seattle Post Intelligencerが報じている。また、Shelfariはユーザー向けのブログで、買収を発表している。

Shelfari


Shelfariはシアトルに本拠を置くスタートアップ企業で、同社のSNSでは仮想の本棚を作り、読んだ本やその感想を知人と共有することができる。上記のShelfariのブログによると、Amazonはすでに長期間にわたり同社をサポートしてきている。また、Seattle Post Intelligencerによると2007年2月にAmazonが資金的な援助を行い、同社の一部を所有していたという。

一方、Amazonは、これまで自費出版や出版社向けのオンデマンド印刷サービスを提供するBooksurge、オーディオブックの大手出版社であるBrilliance Audio、書籍、新聞、雑誌、テレビ番組、ラジオ番組などをデジタルオーディオ化したコンテンツを提供するAudible、電子書籍リーダーの開発元であるMobibookを買収。さらに8月1日には、絶版本や新古書などを販売するAbeBooksの買収を発表したばかりだった。(AbeBooksはShelfariのライバルであるLibraryThingの株を所有しているが、その扱いについては明らかにされていない。)

Amazonは上記の買収を通じて、自費出版物まで扱い品目に加え、オンデマンド印刷企業を傘下に収めることにより少部数の書籍も在庫コストを最小に抑えながら販売できる態勢を整えた。また、電子書籍やオーディオブックの開発元およびPOD(point on distribution)としてのキープレーヤーにもなりつつある。つまり、出版にかかわるあらゆるサービスを提供し、売れ行き情報などを一手に握る一大帝国を築きつつある。出版社側から見ればAmazonは、パートナーシップを結べば低リスクで自社の多くの資産をビジネスに結び付けることができる相手となりつつあるのだが…。

日本でAmazonが同じことを始めたらどうなるのか、考えると恐ろしい気がする。

◆情報ソース
Amazon.com buys Shelfari, a startup for book lovers (Seattle Post Intelligencer)
Shelfari joins the Amazon.com family (Shelfari)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/66-79e0940c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。