A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 ウォール・ストリート・ジャーナルの富裕層向けサプルメント

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール・ストリート・ジャーナルの富裕層向けサプルメント

WSJ magazine

だいぶ以前から話題になっていたウォール・ストリート・ジャーナルのサプルメント誌(原文では “magazine”となっているが、市販されず新聞とともに宅配されるのでこう表記する)が明日(6日)、ついにデビューする。誌名は『WSJ.』で、ラグジュアリー・ライフスタイル・マガジンと形容されている。

新聞の豪華サプルメントというと、ニューヨーク・タイムズの『T franchise』の評判が芳しくなかった上に、いま米国の新聞業界は業績不振で「この世の終わりのような不安感」に包まれているというが、ウォール・ストリート・ジャーナルはそういうものとは無縁だと、編集者は自信満々だ。

この第1号には、時の人サラ・ペイリン・アラスカ州知事(共和党副大統領候補)のインタビューが掲載される。まさにドンピシャのタイミングだが、話題はもっぱら彼女の体作り(というかダイエット)に関することらしい。『WSJ.』のウエブサイトにその抜粋が掲載されている。

一部の地域で、正式な発行日を待たずに、しかもニューヨーク・タイムズのサプルメントとして配布されてしまうというハプニングもあったらしいが、『WSJ.』は全米17のトップ・マーケットのウォール・ストリート・ジャーナル購読者80万世帯と、アジア、ヨーロッパの16万世帯に配布される。当面は年4回で、来年からは毎月発行される予定。創刊号には51社が広告を掲載しており、そのうち19社はウォール・ストリート・ジャーナルにとって初の広告主であるとのこと。

◆情報ソース
No Angst or Shame in 'WSJ' Magazine Debut (Portfolio.com)
Whoops! 'WSJ' Magazine in Debut Snafu (Portfolio.com)
How 'WSJ.' Lucked Out with Sarah Palin (Portfolio.com)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/68-39a9a02d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。