A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 ケロッグ社がオンライン広告の投資効果はTV広告の2倍と査定

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケロッグ社がオンライン広告の投資効果はTV広告の2倍と査定

米食品大手ケロッグ社がオンライン広告費を増やし、TV広告予算を削減する決定をした。
同社のチーフ・マーケティング・オフィサー、Mark Baynes氏によると、過去18ヶ月間にわたりスペシャルKブランドのROI(Return on investment: 投資利益率)を計測した結果、オンライン広告がTV広告を2倍以上上回った。Baynes氏は、コスト削減策のひとつとして、来年のテレビ広告費を10~20%削減するとしている。Baynes氏はまた、スペシャルKブランドのみならず、ケロッグ社の事業全体に同様の施策を適用していくとも述べている。効果測定をどのように行ったのかは明らかにされていない。

ケロッグは2007年に10億ドルという同社史上最大の広告予算を投じた。今年はさらに、3億ドル上乗せする計画だ。同社は、ダイエットを目指す人は、朝食に加えて昼食か夕食をスペシャルKに切り替えれば、2週間で洋服サイズを落とすことができるというキャンペーンを展開してきた。スペシャルKのウエブサイトでは、消費者のための減量プラン、YahooのEメール・グループに参加するためのサインアップ画面、トレーナーや栄養士による記事、Amazonの購入窓口へのリンクなどが用意されている。こうしたプロモーションの結果、朝食以外のシリアル食品の消費を拡大することができたとCEOのDavid Mackay氏は語っている。

ケロッグは景気後退期にもかかわらず広告費を拡大してきた。「過去5年、広告費を増大させているのは、当社がこのカテゴリーの成長を信じ注力していることの証だ。そして、広告のパワーは成長モデルに欠かすことのできないものだ」とBaynes氏は言う。しかし、だからこそ広告効果が問われる。Baynes氏が打ち出している広告投資効果改善策は以下のとおり。

■事業部や国単位ではなく、ブランド横断的にマーケティング効果の測定を行う。
■ブランド横断的に戦略的な連携を進めることにより、TVコマーシャル制作本数を減らす。
■ROIモデルと効果測定を活用する。
■広告テストの手順を含め、プロモーション方法の意思決定プロセスのための“ベスト・プラクティス“の標準化を進める。
■オンラインでの取り組みを強化する。
■コマーシャルの撮りだめ:一度に5本のコマーシャルを同時に制作する。
■広告エージェンシーの報酬モデルを新たにし、エージェンシーコストを削減する。
■購買ポイントにおいて消費者がどのような付加価値を求めているのかを見直す。

◆情報ソース(ソースはすべてAdvertising Age)
Food Companies Stay the Course
Kellogg: Digital ROI Surpasses That of TV
Kellogg Says ROI on Digital Trounces TV by 'Factor of 2'



スポンサーサイト

コメント

ケロッグ社

すごい力の入れかたですね。
v-61

  • 2008/09/22(月) 22:28:19 |
  • URL |
  • ラフティングGOGO! #pn.FNN1k
  • [ 編集]

この流れは日本もかな

この流れが日本にも来れば、ネット広告はまた盛り返してくるかもしれない。
株価も落ちているし、良い企業をあたってみるかな^^

  • 2008/09/28(日) 03:47:45 |
  • URL |
  • 投資家 #4TqdbLHk
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/69-d48a0c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。