A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 Advertising Ageが選ぶ優れた雑誌10誌

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Advertising Ageが選ぶ優れた雑誌10誌

前回のAdvertising Ageの雑誌特集の続き。

Advertising Ageは “A-List”と題し、編集内容、広告売上、販売、マーケティング、業界内での評判など、様々な要素をもとに、もっともすぐれたパフォーマンスを見せた雑誌10誌を年に1回、選出する。今回、その第1位、マガジン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは『The Economist』だった。

週刊ニュース誌は、インターネットの影響で、かつてない危機に直面している。『U.S. News & World Report』は既報のとおり、来年から隔週刊にすることを発表したし、大所の『TIME』と『Newsweek』は、経費節減のために発行部数を削減した。その中で、かつて50万部に満たなかった『The Economist』北米版の発行部数は75万部に届こうとしている。同誌の2003年のニューススタンド・セールス(店頭販売部数)は、45,000そこそこだったが、今年は10万部を突破した。予約購読部数も、今年上半期の平均は昨年を7.4%上回る680,366部だった(出所はABC)。

部数の伸びは広告集稿にも好影響を及ぼしている。今年1~8月の広告集稿ページを見ると、『TIME』は前年比25.2%減の954ページ、『Newsweek』は24.8%減の829ページだったが、『The Economist』は7.2%増の1,497ページを記録した(出所はMedia Industry Newsletter)。

他のニュース誌が記者のネームバリューを重視してバイライン(署名)を強調した記事づくりをしているのに比べ、同誌が署名記事を載せず、海外に特派員を送り、地道な取材に基づいたコンテンツの内容で勝負していることが好調な売れ行きの一因だと、『Advertising Age』は指摘している。また、『The Economist』が一貫して保ち続けてきたグローバルな視点が、いまの時代には必要とされているのだとも、『Advertising Age』は記している。中東など遠い国の出来事を、米国民がかつてないほど身近に感じられるようなニュースが頻発している。こうした流れをとらえて、『The Economist』は500万ドルを投じて “Get a world view”というスローガンを掲げたキャンペーンをスタートさせた。

なお、”A-List”にリストされた他の雑誌は、『Women’s Health』(Rodale)、『ELLE』(Hachette Filipacchi)、『Every Day with Rachael Ray』(Reader’s Digest)、『National Geographic』(National Geographic Society)、『Fast Company』(Mansueto Ventures)、『New York』(New York Media)、『People Stylewatch』(Time Inc.)、『House Beautiful』(Hearst Magazines)、『Condé Nast Traveller』(Condé NastPublications)の9誌。エディター・オブ・ザ・イヤーには『National Geographic』の編集長Chris Johnsが、エグゼクティヴ・オブ・ザ・イヤーには『ELLE』の発行人Carol A. Smithが選ばれた。

◆情報ソース
Some Bright Spots in a Gloomy Year for Magazines (Advertising Age)
Magazines: The A-List (Advertising Age)
Magazine of the Year: The Economist (Advertising Age)
Brainy Brand Names Where They’re Least Expected (New York Times)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/74-3cad3aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。