A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情 メディアのみにあらず―オムニコムが大規模なレイオフ

A BUG IN YOUR EAR アメリカの広告・メディア事情

大きな変革期にあるメディア業界、広告業界のこれからを考えるヒントになりそうな、アメリカの業界動向を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアのみにあらず―オムニコムが大規模なレイオフ

世界最大の広告会社グループ、オムニコムが、全世界の従業員(約7万人)の5%にあたる大規模なレイオフを計画していると『アドバタイジング・エイジ(Advertising Age)』が報じている。

この報道以前に、『アドバタイジング・エイジ』は、オムニコム・グループでクライスラーのメディア・バイイング/プラニングを担当するPHDが、デトロイト・オフィスの7名を解雇しアトランタ・オフィス(従業員23名)を閉鎖すると報じた。また先月には、同グループの中核企業であるBBDOがデトロイト・オフィスの従業員の22%にあたる145名をレイオフするとの記事を掲載した。

今回の報道では、オムニコム・グループのどの企業が対象になるのかは明らかにされていないが、存亡に危機に立たされるクライスラーをクライアントに持ち、今年ペプシの扱いを失ったBBDOは、さらなるリストラを免れないだろうと、『アドバタイジング・エイジ』は書いている。

オムニコムはBBDOをはじめ、DDBワールドワイド、TBWAワールドワイド、グッドバイ・シルバースタイン&パートナーズ(Goodby Silverstein & Partners)などを傘下に持つ世界最大の広告・PR会社グループ。同グループは、クライスラーがいまのまま経営破たんすると、およそ8千万ドルの貸倒金を抱えることになると言われている。

◆情報ソース(すべてAdvertising Age)
Omnicom Set to Cut Up to 3,500 Jobs
Chrysler Agency PHD to Cut 30 Staffers
BBDO Detroit Cuts 145 Jobs as Chrysler Skids
A Chrysler Bankruptcy Could Leave Omnicom Out $80M



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://buginear.blog10.fc2.com/tb.php/99-164df836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。